エートスカフェ 今月のお客様【対談ゲスト】
村上 満
アキュテック株式会社 代表取締役

地盤調査会社を経て、昭和60年に金沢市でアキュテック株式会社を創業。
現在、北陸・甲信越・関東・関西・九州の各地区の8営業所を拠点に、地盤改良工事に関する事業を幅広く展開。2009年8月には国交省から専門業者として表彰を受けた。

http://www.e-accutech.com/


新年明けましておめでとうございます。2010年最初のエートスカフェは【前編】に続いて、アキュテック村上社長と本音トークで盛り上がる【後編】をお届けいたします。村上社長が林檎にサインした「座右の銘」とは?

村上社長と北川代表を結ぶコトバ。
.

村上
  私の座右の銘はこれ、「足るを知る」です。私にとっての「足る」は、今の時代に日本というすばらしい国に生まれたこと。これ以上の幸せはありません。私はこの幸せを大切にするために、積極的に生きたいと思っているんです。
北川
 

社長、驚きました。私の座右の銘も同じ、「足るを知る」なんですよ。モノや情報が氾濫している今だからこそ、村上社長が言われたように、我々はとても満ち足りた社会に生きているということを自分に言い聞かせないといけない。

村上
  逆に言えば、足るを知らないと幸福感は得られないということですね。
北川
  社長と波長が合う理由がよく分かりました(笑)。
ところで社長は先ほど「積極的に生きたい」とおっしゃっていました。今特に厳しいと言われる土木・建築業界で、今後の目標についてはどうお考えですか。
村上
  当社では「拡大再生産をモットーとし、5年後に100億円企業になる」というビジョンを掲げています。北川先生もご存知でしょうが、当社では株式公開という目標がここ数年ペンディング状態になっていて、その間、夢やビジョンを見失っていたんです。しかし目的がない企業は前に進めません。そこでつい最近、役員会で決めたのがこのビジョンです。
北川
  インパクトがあるビジョンですね。確かに企業は先を見据えて今何をすべきか考えないと経営はできませんし、夢に日付をつけることも大切です。
村上
  北川先生が以前レクチャーされていた「ビジョン型経営」の考え方が非常に参考になりました。厳しい時代でもみんなが知恵を出し合えば夢が実現できるのではないかと、今まさに社員のスイッチが入ったところです。
北川
  村上社長は本当に勉強熱心で、エートスが企画するセミナーにはほとんど出席されていらっしゃるんじゃないですか。
村上
  先日の「中小企業向けの経営戦略」は独自な視点で展開されており、興味深い内容でした。これから起業を目指す方にも参考になるでしょう。私はいろんなセミナーに顔を出していますが、エートスさんのセミナーは毎回とても分かりやすいと感じています。
 

.

 


Copyright (C) 2009 ethos All Rights Reserved.  

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得






2009年12月

創刊
インタビュー

北川 正
エートス税理士法人
代表

エートスカフェ、
オープンにあたって。


2009年12月
2010年1月

第1回
村上 満
アキュテック
株式会社
代表取締役

(前編)「誰もやらない仕事」で独立。

(後編) 村上社長と
     北川代表を結ぶコトバ。

2010年2月、3月

第2回
嶋 隆之
株式会社ゑり虎
代表取締役社長

(前編)華麗なる転身!? 
精密機械メーカーから呉服業界へ。

(後編)嶋侮ミ長の今の心境を
    映す座右の銘。

2010年4月、5月

第3回
本田 新悟
株式会社
クリエイティブエージェント
代表取締役


(前編)金沢のクリエイティブシーンを
   生きる若手起業家。

(後編)「※」に込めた、経営マインド
   とクリエイティブマインド。

2010年6月、7月

第4回
亀田 豊
株式会社ふなや 
ゼネラルマネージャー


(前編)経験に無駄はない。
義兄の志に共感して踏み込んだ世界。

(後編)日本人の美徳を映す言葉を
   座右の銘に。

2010年9月、10月

第5回
田上 裕之
株式会社
笠間製本印刷
代表取締役社長


(前編)地方で唯一の通帳メーカー。その元気の秘訣とは。

(後編)田上社長の胸のうちを表すことば。