エートスカフェ 今月のお客様【対談ゲスト】

本田 新悟
株式会社クリエイティブ・エージェント 代表取締役

金沢市内のデザイン事務所にてグラフィックデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、広告代理店の制作ディレクターを経て独立。約3年間フリーランスで活動後、法人設立。紙媒体、TVCM、webサイト制作など、広告全般に渡って企画・制作を手掛ける。 http://www.creative-agt.jp


お互いにお互いのクライアントであるという双方向の関係を持つエートス北川代表と
クリエイティブ・エージェント本田社長。異色の対談のはじまり、はじまり。

金沢のクリエイティブシーンを生きる若手起業家。

.
北川
 

ようこそ、エートスカフェへ。
今日は、このエートスカフェをプロデュースしているクリエイティブ・エージェントの本田さんをゲストとして迎えることになりました。

本田
  自分が対談する立場になると緊張するものですね(笑)。
北川
  本田さんはグラフィックデザイナー、制作ディレクターを経て起業されたわけですが、この業界でも法人化するというのが一般的なのですか。
本田
  少数派かもしれませんね。僕の場合は自分の思い描いていたビジネスモデルを実現させるために法人化が必要不可欠だったんです。一度きりの人生ですから単純に社長になってみたいな、という思いもあったのですが(笑)。
北川
  思い描いていたビジネスモデルというと?
本田
  常にベストのものを提供するために、メディアに縛られないことです。本来、社内で完結できる仕事に落とし込めば外注費は発生しないわけですが、当社はひとつのプロジェクトごとに外部のクリエイターをコーディネートして仕事を進めます。
北川
  エートスは起業 2年目から会計のお手伝いをさせていただいています。
本田
  1年目に自分で確定申告をして「これはダメだなと」(笑)。知り合いの会計士さんもいたのですが、新しい出会いを求めてエートスさんを紹介してもらったんです。当社を担当いただいている中江さんも相談しやすく優秀な方で、お願いして大正解でした。
北川
  嬉しいですね。若手経営者を対象にした決算書の読み方のセミナーに参加してもらったこともありましたが、いかがでしたか?
本田
  基本的に僕は文系ですから…(笑)。でも非常に分かりやすかったです。間違いなく大きな収穫だったのは、毎月数字を見る習慣がついたことですね。
北川
  これだけ世の中の変化が激しいと、数ヶ月前の数字を見ても意味がありません。
本田
  決算書というと通知簿のように眺める人が多いかもしれません。今年は1があったとかオール5だったとか。でも本来は毎月、業種によっては毎日見るべきものなんですよね。僕は毎日食べたものを記入していくだけでダイエットにつながる「レコーディングダイエット」に似ているなと思うんです。
北川
 

書くことで人は変わります。我々もコンサルティングの一環で「社長ファイル」というものを開発して、各社長に生き方から経営方針まですべて書いてもらっているんですよ。「大変だよ」と言われることもありますけど(笑)。

 

.

 


Copyright (C) 2009 ethos All Rights Reserved.  

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得






2009年12月

創刊
インタビュー

北川 正
エートス税理士法人
代表

エートスカフェ、
オープンにあたって。


2009年12月
2010年1月

第1回
村上 満
アキュテック
株式会社
代表取締役

(前編)「誰もやらない仕事」で独立。

(後編) 村上社長と
     北川代表を結ぶコトバ。

2010年2月、3月

第2回
嶋 隆之
株式会社ゑり虎
代表取締役社長

(前編)華麗なる転身!? 
精密機械メーカーから呉服業界へ。

(後編)嶋侮ミ長の今の心境を
    映す座右の銘。

2010年4月、5月

第3回
本田 新悟
株式会社
クリエイティブエージェント
代表取締役


(前編)金沢のクリエイティブシーンを
   生きる若手起業家。

(後編)「※」に込めた、経営マインド
   とクリエイティブマインド。

2010年6月、7月

第4回
亀田 豊
株式会社ふなや 
ゼネラルマネージャー


(前編)経験に無駄はない。
義兄の志に共感して踏み込んだ世界。

(後編)日本人の美徳を映す言葉を
   座右の銘に。

2010年9月、10月

第5回
田上 裕之
株式会社
笠間製本印刷
代表取締役社長


(前編)地方で唯一の通帳メーカー。その元気の秘訣とは。

(後編)田上社長の胸のうちを表すことば。